Q.売掛金が焦げ付いています

A.
売掛金は、必ず2年以内に法的手続をとってください。

2年以内に法的手続をとらないと、時効によって消えてしまいます。
ときどき、請求書を繰り返し発行して督促しているだけの方がいますが、請求書を繰り返し出していても2年経過すると時効消滅しかねません。
そしてここで法的手続というのは、正式裁判ではなくても、支払督促など簡便な方法で行うこともできますので、どのような法的手続をとるのがいいか、弁護士に相談しに行きましょう。

なお、法的手続をとらなくても弁護士からの内容証明によって解決したり、売掛先からの具体的な債務承認によって時効が中断することもありますので、このあたりも弁護士に相談して最もコストパフォーマンスの良い回収方法を模索してみましょう。

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る