Q.妻に不動産名義を変えるのってダメ?^^;

A.
絶対にダメです。

借りたお金を返せないので自己破産などの手続をとりたいけれども、それに先だって自宅の名義を妻に変更して無資産にしてしまおうという軽率な人(そんな浅知恵をアドバイスする人)がたまにいるようです。
しかし、法律や裁判は、形式では通用しません。形式的に自宅名義を妻に移転したとしても、それがおかしいと考える裁判所や債権者によってちょっと調べられたら、すぐバレてしまいます。つまり、ちゃんと対価(=お金)の支払いを伴っていたのかどうか、妻に名義移転する必要性があったのかどうか、などモノやカネの客観的流れを見る人が見れば一目瞭然です。
このような資産隠しは、法律家から見れば子供のイタズラを見抜くほどに簡単なことが多いのですが、逆にこれがバレたときには子供のイタズラがばれたのとは段違いのペナルティが発生します。極端には強制執行不正免脱罪という犯罪として立件されて刑務所に行かなくてはならなかったり、そこまで行かなくとも破産免責不許可や詐害行為取消と損害賠償といった民事責任が待ち受けていますので、こういう浅知恵には乗らないが吉です。
当然、こういう資産隠しの奥の手を弁護士に教えてもらうようなことを考えたらダメですよ。

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る